6月22日の子育て支援ステーション『水野政雄先生』

遊びのおもちゃ箱 ~作って遊ぼう!~

 岐阜県郡上市にある「心の森ミュージアム 遊童館」館長の水野政雄さんと奥様を講師にお招きし、子どもたちが楽しめるおもちゃの作り方を教えていただきました。水野先生は、絵画をはじめ、切り絵や折り紙、紙コップなどでの造形で幅広い創作活動を展開されており、本も多数出版されています。
 今日はうめ組や小学生の子どもたちとそのお父さま、お母さまが参加され、折り紙や紙皿を使ってブーメラン、紙飛行機、犬、しゃくとり虫などを作りました。しゃくとり虫は折り紙を数回折るだけで完成!ストローを使って息を吹きかけると本物のような動きをします。皆さまおもしろい動きに虜になっておられました☆紙飛行機は2枚の折り紙を使い、折り方を工夫するだけでくるくる回って飛んだり波打つような動きをしたりと、さまざまな飛び方に夢中になり競争する子どもたちもいました。その他にも画用紙や紙皿一枚で『ガイコツ』や『平和の象徴のハト』の切り絵を披露され会場からは歓声が☆どんな材料でも水野先生の手にかかれば、一瞬でいろんなおもちゃに変身し、そのハサミさばきの見事さに子どもたち、お父さま、お母さまも驚いていました。
 
どのご家庭にもある身近な材料で楽しく遊べるおもちゃを作ることができ、とてもすばらしい時間を過ごすことができました。