4月16日の子育て支援ステーション(楽しく遊ぼうドレミファソ♪)

楽しく遊ぼうドレミファソ♪

 保育園では、『ドレミの広場』の日に、音楽講師の久保先生に来ていただき、お歌や楽器指導をしていただいています。今日は未入園のお友だちが、ちゅうりっぷ組(2歳児)のお友だちと一緒に楽器遊びをしました♪動物の名前を「き・り・ん♪」と言いながら「タン・タン・タン♪」とカスタネットを叩いたり、みんなが大好きなお歌『♪さんぽ♪』『♪おもちゃのチャチャチャ♪』に合わせてノリノリで演奏していました☆また、保護者の方に『考える力を育てる』『一人ひとりの子どもの良さを認める』『注意するより褒める、励ます』など、“乳幼児期に大切なこと”について、お話をしていただきました。
 
その後は、園庭で遊びました。思い切り走り回ったり、すべり台をすべったり…と大喜びのみんなでした。

 楽器遊びをするときに動物の名前や音楽に合わせて「♪タン・タン・タン♪」とカスタネットを使って演奏します。それは、子どもたちのリズム感を育てたり、自分たちで考えるための力を養うことにつながります。保育園でも、子どもたちが”楽しいな♪”と思えるように工夫しながら楽器遊びに取り組んでいます。

 

 

IMG_0338 IMG_0385
IMG_0380 IMG_0435