12月13日の子育て支援ステーション(オマチマン)

オマチマンとあそぼう♪

 今日は、さくら(年少)・ゆり(年中)・うめ(年長)組のお友だちが佛教大学で開かれたオマチマンのコンサートに参加しました。今回は楽只保育所のお友だちと合同での参加。手遊びやパネルシアター(白いボードに紙人形をはっていくもの)、お歌、体操…とさまざまなことをしていただき、子どもたちも大喜びでした☆

 その後、うめ組のお友だちは楽只保育所に行き、年長組のお友だちと一緒にお歌を発表しあったり『じゃんけんゲーム』『もうじゅう狩り』などのふれあい遊びを楽しみました。「お名前はー?」「一緒の小学校やー!」などと、他園のお友だちと積極的に交流する姿が見られました☆

 保育園へ帰ってからも「楽しかったな~!」「誰やったっけ?オパンツマン?」「オマチマンやでー!」などと、お友だち同士で楽しそうにお話していました。


オマチマン…宇崎竜童率いるダウンタウンブギウギバンドのバンドボーイとして、音楽活動をスタート。
         現在は保育者・幼児教育関係者向けセミナー・講演会の講師や、幼稚園児・保育園児へ
         のコンサート、育児支援・育児サークルなどの親子コンサート、中高年の方々にフォーク
         ソングコンサート、などの活動や国内・海外での保育セミナー・子どもキャンプなどのプロ
         デュースなどを手がけておられる方です。

 

 

 

 

 

 

楽只保育所にて

 



園児たちが楽しんだ後は、未入園の親子たちとオマチマンの時間です。パネルシアター(白いパネルボードに、紙人形を貼っていくもの)やふれあい遊びを楽しみ、子どもたちやお母さま方も自然と笑顔に…。最後は『♪キャベツキャッ♪』や『♪世界中の子どもたちが♪』で歌って、踊って盛り上がりました。
  最後にオマチマンから「子育てに力を入れすぎないでね。お腹にいたときは元気に生まれればそれだけでいいと思っていたでしょ。今はどうしてじっとしてないの。うるさいな。と思うかもしれないけど子どもなんてそんなもんだよ。」という子育てへのエールもいただきました。