2007年12月  トピックス

12月14日、お皿の絵付けにドキドキ☆


 来年の春に卒園するうめ(年長)組のおともだちが、卒園記念品となるお皿に絵付けをしました。宇治市で陶芸されている村上さんに教えてもらいながら、白い素焼きのお皿に釉薬で絵を描きました。
 事前に、紙に下書きをして「こんなお皿にしたいなぁ」と自分のお顔や好きな絵柄を描くのを楽しみにしていたみんな。でも、本物のお皿に細筆で描いていくのは少し難しかったようで、少し緊張気味・・・
 「みんなが大きくなって、何十年たっても残る記念になるよ」と説明をきいて「へぇ〜!!」と、ますます真剣に丁寧に仕上げてくれていました。
 子どもたちの描く絵は毎年変化していきます。来年同じ絵は描けません。保育園のうめ組の時に描いた絵皿、大切に使ってほしいですね。
 
 村上さんの窯で焼いていただき、作品展で展示の後、卒園式で手渡します。出来上がりが待ち遠しいですね。楽しみにしていてください(^0^) 

真剣そのもの! 慎重に・・・
ぼく・わたしの顔!! 世界に一つだけのお皿☆