2008年4月  トピックス

4月22日、コメ米日記2008 @ 〜種もみの選別〜
 

 今日は、4月とは思えないほど、太陽もまぶしく輝いていました◎「今日は暑いわぁ!たくさん遊んだし汗がいっぱい出るわ!」と汗をぬぐうお友だちがたくさんいました♪
 今年も、子どもたちと一緒にお米を育てることにします!
 お米作りの第一歩、種もみの選別 (元気でおいしいお米をつくるために良い種もみと、そうでない種もみを見極めること) を、たんぽぽ(0,1歳児)組と、ちゅうりっぷ(2歳児)組、さくら(3歳児)組のお友だちがしました。
  
  ☆良い種もみの選別の仕方…
  @水の入ったコップに生卵を入れます。
  A生卵が浮いて卵の頭が少し水面から出るくらいの濃さになるまで、
   コップに塩を入れます。
  B生卵を取り除き、塩水に種もみを入れます。
  C塩水に沈んだ良い種もみだけ使います。


 たんぽぽ組のお部屋には変なメガネの人が登場!!ビックリして固まるお友だちもいましたが、みんなの視線は卵の浮く様子に釘付けになっていました!
 ちゅうりっぷのお友だちは、魔法の粉(塩)を入れて、卵や種もみが浮く様子を「すご〜い」とまるでマジックをみるようでしたよ。また「見てみて〜」と楽しんでいる姿がありましたよ。 さくら組のお友だちは、子育て支援のお友だちと一緒に選別。みんな食い入るように見つめ「え〜!?お米がういてるー!なんでー?」と不思議そうな表情を浮かべていました。また、初めて見るシーンに子どもたちだけでなくお家の方も驚かれた表情をされていました!
 間近で見たたお友だちは、まるでマジックを見ているかのように目がキラキラしていました(^0^)

みんなの表情に注目
今日の達人は誰かな? 中の様子がよく見えます 切った大根のヘタ
水につけておくと
どうなるかな?

4月22日、ゆり組、料理の達人への道    
 

 昨日ゆり(年中)組が畑で抜いた大根をクッキングしました。といっても今日は子どもたちは達人による大根のクッキングショーをじっくりと見学。
 達人が子どもたちの前で、大根の皮むいて、輪切りにしました。昆布だしのなかに醤油と砂糖と魔法の粉を入れて達人が味見、うらやましそうな表情の子どもたちがとても可愛かったですよ。次に中身が見える透明の鍋に大根を入れて、ぐつぐつ炊くこと数分。沸騰して泡が出てくると大興奮のみんな。でもすぐには食べられません。給食室でじっくり煮込んでもらって給食のときにいただきました。おいしかったよ☆☆
 今日は達人の技を見学しただけでしたが、後日子どもたち自身がクッキングをします。お楽しみに!!

4月22日、さくら組、初めての『ABCで遊ぼう』☆    
 

 今年度はじめての『ABCで遊ぼう』の時間。おなじみのケイン先生とひろみ先生から楽しく英語で遊んでいただきました。さくら組の子どもたちにとっては初めての時間。ケイン先生の大きな声とジェスチャーに圧倒されていました。Blue.Pink .Yellow.Purpleなどの色もジェスチャー入りで教えていただき、見ていた担任の先生もケイン先生の仕草に思わず笑っちゃいました。
 ゆり組ではケイン先生が「My name is GORILLA」と自己紹介。このジョーク、先生はわかっても子どもたちはわからなかったようです。(失礼ですが、ゴリラのような容姿です。)
 玄関の水槽に引っ越してきたザリガニのお母さん。牛乳ビンのお家でじっとしています。お腹に抱いていた卵が今日もたくさん孵化し、生まれたばかりの赤ちゃんが、牛乳ビンのお家から広い水槽の中へ元気よく飛び出して行きました。お母さんのお腹でやさしく守られていたのに、もう一人歩き(泳ぎ)をしだしました。
 ちびっこザリガニの大冒険。水槽の中でどんなドラマがくり広げられるのでしょうか!? みなさんも注目してください。