2008年6月  トピックス

6月2日、すご〜い!!マジックみたぁ〜い☆
 

 たんぽぽ(0,1歳児)組のお友だちに、先生がマジシャンになってマジックを見せてあげました。今回はどんなマジックかと言うと、『コモンマロー(ハーブ)』というお花を使ったものなんです♪ポットにコモンマローの花びらを入れ、そこにお湯を入れ、混ぜてみると色が、うす〜く水色になってきます!花の色が紫色なのに、お湯を入れると水色になるから あら不思議。
 それだけでもびっくりなのですが、そこに『魔法の水』を数滴入れると…!!
 
 うすい水色が、ピンクに早代わり(^9^)♪♪色が変わったのでみんなビックリの表情をしたり、指を指し、「アッー!」と叫んだり…。たんぽぽ組のお友だちは、大興奮でした。
 実はこの『魔法の水』は、レモンでした。レモンなどの酸性のものを入れることにより、ピンクの色に変わったのです。今回は酸性のものを入れてピンクに変化させましたが、アルカリ性のものを入れると、青や緑に変化するそうですよ!!ぜひ試してみてくださいね♪

 うめ(年長)組のお友だちもコモンマローマジックに挑戦☆色が変わると「わぁ〜!!」と歓声が上がりました。レモンを入れて色の変わったコモンマローにお砂糖を入れて・・・ハーブティーの完成!少しずつでしたが「甘くておいしい〜」と好評でした。

この色(水色)が魔法の水によって…!! こんなピンクになっちゃった!!

6月2日、ゆり組、料理の達人への道☆第三弾☆
 

 料理の達人を目指し、色んな料理に挑戦しているゆり(年中)組さん☆今日は畑で収穫したほうれん草を使って、本格的ピザ作りに挑戦しました(^ー^)♪まずは収穫したほうれん草をキレイに洗いました☆それからは先生による「ピザ生地作り」を見学☆「わぁ粉いっぱいやなぁ〜」「どんだけ牛乳入れんの〜」などと興味津々でした♪生地をこね始めると、「おっきいなぁ!」「何かパンのにおいがする〜」「触りたいなぁ」とうずうずしているお友だち☆20分ほどこねると出来上がり☆後は発酵して膨らむのを待つだけです♪テラスで発酵をさせていたのですが、お給食を食べながら「保育園くらい大きくなったらどうする〜?」「じゃあ宇宙くらいは〜?」などと大きく膨らむのをとっても楽しみにしていました(^▽^)午後からはお待ちかねのトッピングです☆一人ずつ小さな生地をもらって、めん棒で細長〜く伸ばしたり、ハートの形に伸ばしたりしました♪そして、ほうれん草、ベーコン、コーン、チーズを自由にトッピングして世界にひとつだけのピザの出来上がり(^_−)給食室のオーブンで焼いてもらって、とってもおいしそうなピザに思わずうっとりとしているゆり組さんでした☆今日でずいぶんと料理の達人に近づけたかな!?食べながら、「お母さんに作り方教えてあげんねん!」と言っているお友だちもいたので、ぜひお家でも一緒に作ってみてくださいね(^〜^)☆

★おまけ★

 ほうれん草と一緒にさくら組の時に植えたそらまめも収穫しました☆お部屋に持って帰って外側の皮をむいでから、給食室で塩茹でしてもらって、お給食の時に薄皮をむいてスープの中に入れて頂きました(^▽^)おいしくて思わず皮も食べているゆり組さんでした☆
 さらにさらにスナップエンドウ、エンドウ豆、ピーピー豆を使ってそらまめとの大きさ比べもしました☆「そらまめくんのベットはやっぱりふわふわで気持ちいいなぁ〜」とうらやましそうでしたよ♪、
 

なかなか抜けないなぁ〜 何かパンみたいやなぁ☆ うす〜く、うす〜く
トッピング中… みんなのピザが
焼けました!!
大きなお口で
いただきまぁす☆
そらまめの収穫   大きくなったなぁ!! ふわふわしてる??
      今週のお楽しみ会        
 
 先生からのお楽しみのプレゼント☆

 今日はエプロンシアター♪
 数をみんなで数えたり悪い魔女が出てきたり… ドキドキしながら、夢中で見ているお友だち
でしたよ(^0^)

6月2日、コメ米日記2008 F 〜田植え〜

 
 今にもお空が泣き出しそうなお天気だった朝。さくら(年少)組・ちゅうりっぷ組(2歳児)・たんぽぽ組(0、1歳児)の子どもたちが園庭のタライと発泡スチロールでできた田んぼ?!で田植えをしました。
 「これな〜んだ??」と先生が大きく生長した稲を見せると、「おコメ!!」「ごはんぢゃワン君の??」と元気いっぱいに答えてくれましたよ☆★
 先日、ゆり(年中)組さんが“しろかき”をしてくれたので、タライの土はトッロトロ〜(^〜^●)「気持ちいいよ!!こんなにトロトロ〜だよ」と土の状態を見せてあげると、子どもたちは、「先生泥あそびしてるの〜??」と言っていました。笑
 さぁ、田植えのスタートです!!一人1本ずつタライにおろしていきました。「僕もしたい!!」「私も〜」とやる気満々!!待っているお友だちの目はキラキラしていました。
 植え終わったタライを見て、『大きくなぁーれ!!』と魔法の言葉をかけました★☆
 4月22日の種もみの選別からスタートしたお米作り。おいしいお米ができるのはいつ頃かな?!

真剣そのもの!!
6月2日、かぶと虫の幼虫のプレゼント

 
 今年もノートルダム女学院高校の科学クラブの生徒さんがかぶと虫の幼虫をプレゼントしてくださいました。やっぱり人気のあるかぶと虫。成虫は強くてかっこいい姿ですが、幼虫はなんとも言えない外見。それでも子どもたちは、目を輝かせてうれしそうに触ったりしお家に持って帰りました。
 かぶと虫を育てながら「命の大切さ」を学んでくださいね。
 また、生徒さんから「家で飼っている外来種のペットを逃がさないでね」というお話を、大きなパネルを使って教えてもらいました。

 京都新聞と産経新聞の取材を受けました。明日の朝刊に載るかな。

京都新聞 平成20年6月3日
朝刊に掲載されました