2008年6月  トピックス

6月26日、どれだけ大きくなったかな??
 

 ゆり(年中)組が、理事長先生の畑で育てている観賞用かぼちゃとゴーヤの様子を見るために芝生広場へ行ってきました!着くとすぐに、「うわぁ〜、いっぱいできてる!」と棚の上からぶら下がる大量のかぼちゃを発見するみんな。でも、実はそのかぼちゃは、理事長先生が育てておられるものだったのです…。
 「じゃあ、みんなのかぼちゃは??」と尋ねると、早速探し始めるゆり組さん☆すると「あった!これや!」との声が・・!みんなで、近寄ってみると小さく膨らんだかわいいかぼちゃがぶら下がっていたのでした♪「まだちっちゃいなぁ」「あっ、ゴーヤもここにあるわ!」と話すお友だち☆
 これから、どんどん大きくなっていく野菜の生長を、楽しみにしているゆり組さんでした。

 去年この棚で育てていたのは小玉スイカ・ゴーヤ・ひょうたんでした。今年育てているのは食用カボチャ・観賞用カボチャ・ゴーヤ・ヘチマ・スイカです。いろんな形や色のものがぶらさがります。お楽しみに.....

「雨降り〜♪♪」
あっ、かぼちゃ発見☆   みんなで競争
      よ〜いドン!

6月26日、ちゅうりっぷ画伯、大集合(^u^)v
 

 テレビの天気予報をみると、雨マークがずらり・・・の今日この頃。そんな毎日ですが、ちゅうりっぷ(2歳児)さんは毎日元気いっぱい☆お部屋は、いつもかわいい笑い声で溢れています!!
 そんなちゅうりっぷ組のお友だちが、今日は『雨降り』のお絵描きをしました。今までは筆でぐるぐるーっと丸を描いていましたが、今日はながーいの線の雨を描くことに挑戦!!雨降りのお歌をうたいながら描いたり、「ザァーッッ!!!」と言いながら描いたり、中には点で小雨を描いているお友だちもいました☆雨を描いた後は、長靴の形に切ってある画用紙をぺったんこ(^-^)
 筆の使い方にも少しずつ慣れ始めたちゅうりっぷさん。いつも大胆に元気いっぱいお絵描きをしていますよ☆次は何を描こうかな〜??

お地蔵様の
声が聞こえたよ
合掌 タマムシ
6月26日、はじめての地蔵山のお参り
 

 さくら(年少)組のお友だちがはじめて地蔵山(讃州寺)のお参りに行きました。保育園から大人なら10分強の距離ですが、さくら組のお友だちはなかなか進みません。30分かけて到着すると、扉の閉まったお堂の中から「がたがた」と音が。子どもたちは「おばけや!」 「園長先生やろ!」などと言っていると「お掃除をしてください」とお地蔵様の声が。子どもたちは手で周りに落ちている葉っぱを拾い集めていました。
 お堂の中は、電気がつかないため真っ暗に近い状態で、厳かな雰囲気の中、神妙な面持ちでお地蔵様に手を合わせていました。そして「♪赤いことり♪」のお歌をうたいました。数ヶ月に一度のお参りですが、卒園まで続きます。

 行き道でゴマダラカミキリやノコギリカミキリ、そしてタマムシを発見。タマムシの金属光沢の美しい緑色に赤のラインが入った姿は見る人を感動させます。あまり見かけられない素敵な昆虫に出会えて縁起がいいお参りになりました。