2008年7月  トピックス

7月5日、うめ組、いきいきファミリーデー
 

 今日はうめ(年長)組の「いきいきファミリーデー」。お父さんやお母さん、兄弟姉妹と保育園で一緒に過ごしていただきました。
 始めは『わくわくタイム』の時間。ゆり(年中)組の時からお世話になっている学研(学習研究社)の講師の尾関先生から、「足して5になる数字」を歌にあわせて教えてもらいました。「♪1と4でゴ(5)マだんご、2と3でゴ(5)マだんご、0と5でゴ(5)マだんご...(5)と(5)でゴマまんじゅう(10)♪」 難しい足し算もこんな方法なら楽しみながら学べますよね。次は園児対大人の対抗ゲーム。裏返ったカードを2枚めくって5になれば勝ち。結果は大人チームの勝ちでしたが、ゲームを通して楽しみながら学んでいる姿をご覧いただけたと思います。
 次は『科学あそび』の時間。大きな鏡を曲げて自分の姿がどうなるかを観察したり、2枚の鏡を使って直線上のクモ(蜘蛛)やショートケーキなどを鏡で見るとどうなるかを実験。鏡の不思議さに興味津々。「なぜだろう」「おもしろいなあ」「不思議だなあ」と驚いたり考えたりしながら科学に対する興味をもってくれればと思い、特別に今日のファミリーデーで見せていただきました。
 この後は、『親子のふれあいあそび』の時間。「ひっつきむし」ではお父さんやお母さんとからだを密着させてふれあいました。また「爆弾ゲーム」など親子の笑顔がたくさん見られました。
 そしてお楽しみの給食の時間。今日のメニューは煮込みハンバーグと畑でとれたてのキュウリやトマトのサラダ、子どもたちが掘り起こしたジャガイモの味噌汁、畑の赤シソのゼリーなどでした。おかわりするお友だちもいました。
 最後に『♪風と光と子どもたち♪』の歌を子どもたちが、 『♪浜辺の歌♪』を親子でうたって「いきいきファミリーデー」も終了となりました。

 半日という短い時間でしたが、楽しそうな笑顔がたくさん見れました。うめ組になると何かと「保育園生活最後の」という言葉がつきます。今日の「いきいきファミリーデー」も保育園生活最後のファミリーデーです。さくら組の時(2006年12月)は、「まつぼっくりツリー」と「手作りのクリスマスカード」を作り、給食はカレーライスでした。ゆり組の時(2007年11月)は芝生広場でバルーンをして、給食は「炊き込みごはん&大根炊き」でした。覚えておられるでしょうか。当時の様子をホームページでもご覧いただけます。
 来月は「鷹峯ふれあいまつり」での和太鼓の発表。後は「運動会」「音楽会」「クリスマス会」「おもちつき」「おゆうぎかい」などなど、保育園生活最後の行事が目白押しです。子どもたちの一生懸命な姿を応援してあげてくださいね。

1と4でゴ(5)マだんご 園児対大人のゲーム
鏡って不思議だなあ
ギュッと抱きしめて 爆弾を早く隣の人へ★
給食だよ   ♪あした 浜辺を 
       さまよえば♪