2008年10月  トピックス

10月1日、おもちゃかぼちゃの中身はいったい・・・?
 

 10月といえばハロウィン。ハロウィンといえばかぼちゃ。クラス対抗で育てていたハロウィンのかぼちゃは一つも収獲できませんでしたが、ゆり(年中)組のお友だちが芝生広場でタネから育てていた“、おもちゃかぼちゃ(ミニサイズのかぼちゃ)”は豊作。いろんな色・形のかぼちゃができ、先日はそのおもちゃかぼちゃにお絵描きをして楽しみました。
 その小さなかぼちゃの中身はいったいどうなっているのかな?形や色も違うけれど中身もちがうのかな? ということで、今日はそのおもちゃかぼちゃ切ってみることに・・。「どんななってるんやろな?」と包丁で切る前からワクワクしていたみんな。かぼちゃに顔を寄せ、じっと見つめていました。「もしかして、桃太郎ではなく “かぼちゃ太郎” が出てくるのでは・・??」
 ザクッ!!かぼちゃがきれいに真っ二つに割れると、「いい匂いがする」「おいしそう〜」とつぶやくお友だち。色はふつうのかぼちゃと違いやや白っぽい色。観賞(装飾)用のため、食べられません。「本当に食べられたらいいのに・・」「私は、かぼちゃケーキがいいなぁ」「僕はスープ!」と、話が盛り上がるゆり組さんでした。
 

いろんな色と形 中身はどんなのかな? こんなんだよ
「ほら見て!こんなん入ってるで〜」
いつも、嬉しそうに話してくれる子どもたちです。

10月1日、強いぞ!カブトムシ☆
 

 玄関の飼育ケースに住んでいる一匹のカブトムシ。毎日、登園してくるお友だちが顔を覗かせ、「元気か?」「何してるの?」とつぶやきながら、じっと眺めています。幼虫からかえって立派な姿に変身したカブトムシは、みんなの人気者☆しかし、もっともっと仲間がいたはずだったのに、残念ながら一匹だけになってしまいました。生まれたのは7月か8月かわかりませんが、普通なら8月下旬に死んでしまいまうところ、このオスのカブトムシは先月29日の最高気温15.9℃という超寒い日も耐え抜き、ただ今保育園での長寿記録を更新中。こうなったら11月まで長生きしてくれればと思います。
 まだまだ元気なカブトムシに、「やっぱり、カブトムシって強いなぁ〜」と話していたお友だちもいましたよ。