2008年10月  トピックス

10月12日、ちびっ子選手!!笑顔の金メダル☆
                感動のドラマ 〜 第32回 うんどうかい

 
 一日延びた運動会。朝は秋晴れのすばらしいお天気でした。途中、日が陰ると肌寒くなりましたが、子どもたちの熱気溢れる姿に応援してくださる保護者の方も熱くなられたことでしょう。今年は北京オリンピックの年。それにちなんで「目指せ金メダル!がんばれちびっこ選手たち」をテーマに取り組んできました。
 オープニングはうめ(年長)組による和太鼓の演奏。海賊の衣裳を着て「パイレーツ オブ カリビアン」、ハッピを着て「河内おとこ節」をかっこよく演奏しました。開会式ではうめ組のお友だちが、選手宣誓やフープを使って五輪を披露してくれました。「はとぽっぽ体操」で体をほぐしていよいよ競技開始です。
 たんぽぽ組(0・1歳児)のお友だちは、親(保護者)子で一緒に出場。子どもたちが消防のハッピを着て可愛いちびっこ消防士に変身し、消防車に乗って消火活動。親子のほほえましい光景が見られました。
 ちゅうりっぷ組(2歳児)のお友だちは、マットの上をほふく前進したり、跳び箱を乗り越えたり、親子で魚釣りをしたりと大活躍。
 さくら(年少)組のお友だちは、平均台の上を歩き 鉄棒で足抜きまわり マットで前転とむずかしいことにチャレンジ。親子競技では保護者の手作りの金メダル(愛情いっぱいのメッセージもかいてありました)をGetしました。いつもはお昼寝をしている時間にも競技に参加。綱引きをしたり、リレーでは広いトラックを半周しました。親子ダンスでは仲良く『崖の上のポニョ』を踊りました。
 ゆり(年中)組のお友だちは、全員で心を一つにしてバルーンに挑戦。ミッキーマウスの曲に合わせて、大きな円形のシート(バルーン)を使ってさまざまな形や技を披露しました。また器械体操では、マットで飛び込み前転、鉄棒で前まわり、跳び箱で開脚跳びを一つひとつしっかりと見せてくれました。一生懸命の姿にたくさんの歓声と拍手をいただきました。親子競技や綱引き、親子ダンスにも参加、リレーではトラックを一周しました。
 うめ(年長)組のお友だちは、器械体操では、マットで開脚後転 鉄棒の逆上がり 台上前転にチャレンジ。保育園児とは思えぬ子どもたちの姿に、あちこちからどよめきの声が聞こえてきました。組体操では、交互に回る二本の縄の間を跳ぶ「ダブルダッチ」を披露。また「ピラミッド」「花」「波」「ロケット」「ヘビ」「お城」など先生の掛け声に合わせて、複数の子どもたちが組になってポーズを決めました。親子競技や綱引き、親子ダンスにも参加、リレーでは最後まであきらめず力走し息詰まる熱戦をみせてくれました。
 他にもクラス対抗の保護者リレー、園児と祖父母の玉入れ、職員と保護者会役員の飴食い競争、未入園のお友だちや卒園児の競争などの盛りだくさんの内容を行い、運動会は終了しました。
 

 運動会では年齢が大きくなるに従い、むずかしいことにチャレンジしました。乳児のお友だちは運動あそびを楽しめるように、幼児のお友だちは頑張ってやり遂げ、達成感や満足感、感動やもっとやりたいという意欲を持てる競技のほか、クラス全員で協力して行う団体競技も取り入れました。練習ではできなくて悔し涙を流す姿、できてうれし涙を流す姿もありました。できないお友だちに教えている姿など、数々の人間のドラマをみせてくれました。本番の今日、練習の成果を披露し、皆様に多くの感動を与えてくれました。
 

 テントの設営や撤収、用具の運搬・拭き掃除など、大勢の方に協力いただきありがとうございました。とりわけ鷹ヶ峯会の役員の皆様にはリハーサルも含め、多大な協力をいただき感謝しております。園児とその家族みんなで作りあげた運動会。無事終了した事を厚くお礼申し上げます。

 12月6日 子どもたちは音楽会でまた違った姿を見せてくれます。お楽しみに。

 
和太鼓(うめ) はとぽっぽ体操 バルーン(ゆり)
親子競技(たんぽぽ) ほふく前進(ちゅうりっぷ) 親子競技(ちゅうりっぷ)
足抜きまわり(さくら) 親子競技(さくら) 保護者競技
開脚跳び(ゆり) ダブルダッチ(うめ) 組体操(うめ)
綱引き 卒園児競争 園児と祖父母の玉入れ
リレー 親子ダンス 職員の組体操(番外編)