2008年12月  トピックス

うめ組 大正琴 ゆり組 合奏 職員 合奏
12月8日、音楽会 PartU in がくさい
                           
   
 先日の、音楽会はいかがだったでしょうか?大勢のお客様に、ちょっぴり緊張する子どもたちの姿も見られましたが、演奏後はとっても誇らしげな姿を見せていました。笑いあり、涙ありのすばらしい音楽会になったのではないでしょうか。
 今日は、うめ(年長)組とゆり(年中)組のお友だちが、隣りの介護老人保健施設「がくさい」を訪問しました。そこで、音楽会で発表した演奏を披露しました。
 
  うめ組・・・大正琴『言葉にできない』
         歌  『ふるさとの四季 〜唱歌メドレー〜』

  ゆり組・・・合奏『エル・クンバンチェロ』
         歌 『この木なんの木』 『峠の我が家』

  鷹ヶ峯Girls(職員)・・・合奏『クリスマスメドレー』

 大正琴では、心に響くきれいな音色にうっとり。合奏では、一生懸命頑張る子どもたちの姿を微笑ましくご覧になられ、合唱では、皆さんよく知っておられる歌を一緒に口ずさんでくださいました。なかには懐かしさに涙を流されている方の姿も。「こんなに小さな子どもたちがすごいねぇ〜」と、お褒めの言葉もいただき、満足気な子どもたちでした。
 最後は、職員による合奏も演奏しました。初めてみる子どもたちも、先生たちの演奏に釘づけ・・・??一緒に歌ったり踊ったりしながら楽しみました。