2009年1月  トピックス

たんぽぽ組 ちゅうりっぷ組 さくら組
ゆり組 只今、制作中! うめ組
1月30日、もうすぐ節分!手作りお面のご紹介☆
 

 2月3日は節分の日。そこで、各クラスで様々な鬼のお面を作りました。手でちぎったり、ハサミで切ったり、のりで貼ったりと、個性あふれる様々な鬼のお面が出来上がりました。 

                 たんぽぽ(0,1歳児)組
 顔の形に切ってある画用紙に、つの・眉・目・口のパーツを両面テープを使って貼り
付けました。中には、たくさんの目を貼っていたお友だちもいましたよ。

                 ちゅうりっぷ(2歳児)組
 ハサミを使って目や模様になる部分を切っていき、顔の形にかたどられた画用紙に
貼り付けました。そして、ツノや腕輪に、ペンでかっこいい模様を描きました。
                   
                    さくら(年少)組
 ティッシュケースのから箱に折り紙をちぎって貼りました。ハサミが上手に使えてきたので髪の毛の丸はハサミで切りました。その後、鼻と口は画用紙を好きな形に切って貼り付けました。

                    ゆり(年中)組
 紙皿にクレパスで色を塗りこみ、髪の毛になる部分はハサミで切り込みを入れて、丸めました。目や鼻や口は自分たちで画用紙を好きなように切ってから貼り付けました。

                    うめ(年長)組
 新聞紙で鬼の顔を作り、それを土台にし、折り紙をちぎって貼り付けました。折り紙を小さくちぎって貼っていくので、とても根気のいる作業です。その後、目や口は、画用紙を好きなように切ってから貼り付けました。