2009年2月  トピックス

ホールに集まった
小鬼たち!
鬼だぞ〜☆
一目散に逃げる子どもたち
おにはそと!! 鬼のお面でハイチーズ
2月3日、今日は節分☆おにはそと!ふくはうち!

 
 今日は節分☆ということで、今日は鷹ヶ峯保育園のお友だちが豆まきをしました。まずは、みんなの手作りのお面をつけてホールに大集合!!色とりどりのかわいい小鬼ちゃんたちでいっぱいになりました。「かっこいいな」「強そうなお顔やろー!!」と、みんなでお面の見せ合いっこ♪♪そして、さっそく先生たちによる節分のお話が始まりました!
 おもちゃを貸してあげない、まりこちゃん(先生)のお腹の中にはいじわる鬼、りほちゃん(先生)のお腹の中には好き嫌いをするわがまま鬼が…みんなにどうしたらお腹の中の鬼が出ていくのかを聞いてみると…「“おにはそと!ふくはうち!”て豆投げたらいいねん」と言う声が返ってきました。さっそく、鷹ヶ峯保育園の子どもたちの元気な声がホールに響きわたりましたよ!!豆を投げると…りほちゃんのお腹の中の鬼が消えていきました!!
 そして、最後はみんなで、元気いっぱい豆まきのお歌をうたいました!

 次はいよいよ豆まき開始!!かっこいいお面をつけてとっても強くなったみんなは、いざ園庭へ・・・手にはもちろん、鬼に投げるをにぎりしめて・・・静まり返った園庭で、みんなで「鬼さーん!!」と呼んでみると・・・???出てきました!!黄色い鬼!!それを見て、小さいクラスのお友だちは豆を投げるどころか逃げる逃げる!!(先生が鬼に変身していたのですが、かなりびっくりしてしまったようです)中には泣いてしまったお友だちも。でも、最後に先生と一緒にしっかりと「おにはそと!ふくわうち!」と言ってもう一度豆まきをしました。すると、黄鬼さんは退散!!鬼退治は大成功しましたよ☆お部屋にもどり、年の数+1つお豆を食べました(^〜^)
 お給食では巻き寿司イワシをいただきました。「おいしいなぁ〜」と言って、お口いっぱいにほおばっていたみんなでした。


 みんなの心の中の悪い鬼はバッチリ退治できたはずです。今年1年もよい年でありますように・・・☆


 節分は文字通り「季節を分ける」という意味で、明日は立春。暦の上では春です。豆をまいて邪気を払い、福を巻き込む「巻き寿司」を、縁を切らないよう包丁を入れずに丸かぶりします。