2009年3月  トピックス

みんなの注目を浴びながらのお盆たて 親も子も緊張気味
3月5日、甘〜いイチゴに育ってね★


 久しぶりのぽかぽか陽気!!さくら(年少)組のお友だちがイチゴの苗を植えました。昨日から植えることを楽しみにしていた子どもたち☆もうイチゴが実っていて今日食べられると思っていたお友だちは、「え〜!!今日食べられへんの…??」とガッカリしていましたよ(笑)
 まずは苗をじっくり観察しました。「葉っぱから何か出てる!!」など、葉の裏側までじっくりと見ていました。そして、いよいよ植える時…「落とさないようにそっと持ってね」と言うと優しく包み込むように苗を持っていました。お布団(土)をかぶせて「大きくな〜れ大きくな〜れ」のおまじないの掛け声に合わせてお水をあげました☆「ほんまにこれでイチゴ出来るんかな〜??」と少し心配していたさくら組のお友だちですが、太陽の光をたくさん浴びて、みんながゆり組になった5月に甘くておいしいイチゴがたくさん食べられますように(o^o^o)
3月5日、みんなドキドキ☆親子茶会!!

 
  今日は、うめ(年長)組のお友だちの保育園生活最後のお茶会がありました。お父さま、お母さまにも来ていただき、子どもたちがお茶のおもてなしをしました。
 ゆり(年中)組の9月にうめ組さんのお茶会を見学し、10月から、裏千家のお茶の先生に教えていただいき、お茶の作法をお勉強してきたみんな。始めは「お抹茶にが〜い (>3<) 」と言っていたのに、うめ組の秋頃からはお盆たて(お盆にお茶碗と茶せんをのせて自分でお茶をたてること)もできるようになりました。お茶碗の持ち方やお入りの仕方も、ドキドキしながら教えてもらっていましたが、今ではアドバイスを受けなくてもできるようになり、かっこいい姿を見てもらうことが出来ました。
 朝から、「今日は、見に来はる!」と嬉しそうに話し、お部屋で作法を確認し合っていましたよ。お父さま、お母さま、おばあさまに見ていただき、恥ずかしそうでしたが、教えていただいたことをしっかりと思い出してくれていました。最後には保護者の方に子どもたちがお茶を点てて、おもてなし。今まで以上に気持ちを込めてお茶を点ててくれていたと思います。

 日本の伝統文化に触れ、礼儀や作法を学んだ1年半。小学校へ行ってもこの経験を行かせる場がどこかであったらいいですね。
 京都にはおいしい和菓子屋さんがたくさんあるので、おうちで親子でミニお茶会なんてするのも楽しそうですね!!