2009年3月  トピックス

咲き始めた桜をバックに
園庭で記念撮影
ひとりひとり壇上にあがり、卒園証書をもらいました
子どもたちも泣いた
お別れの言葉
先生と握手・抱擁 謝恩会で保育園生活最後
の合唱をしました
3月24日、うめ組28人、感動の卒園式☆

 
 うめ(年長)組の卒園式をお祝いするかのように、雲ひとつないきれいな青空にお日さまがニッコリ顔をだし、桜の花も風にゆられていました。
 今日は平成20年度、第32回の卒園式が盛大に行われました。園庭で記念撮影を撮った後、ホールで保護者の方にこの1年間の思い出の写真をスライドショーで見ていただきました。わが子の成長を振り返って早くも涙する方もいらっしゃいました。
 そして、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・来賓の方、ゆり(年中)組のお友だち、職員の拍手の中、うめく組28名が堂々と胸を張って入場しました。保育園で何度も歌った園歌…今日で歌うのも最後。そして、一人ひとり名前を呼ばれ壇上に上がり卒園証書を園長からもらいました。一番長いお友だちは約3ヶ月の頃から、6年半保育園で過ごしてきました。今日は、保育園最後の日。みんなの堂々とした現在の姿に、小さかった入園時の姿を重ね合わせ胸が熱くなりました。
 園長の式辞、鷹ヶ峯会(保護者会)会長の祝辞、記念品の贈呈のあと、卒園児による「お別れのことば」では、一人ひとりが保育園での思い出などを語りました。途中職員による歌『♪Tomorrow♪』や子どもたちのうた『♪大きくなっても♪』『♪さよなら ぼくたちのほいくえん♪』も交えながら。  うめ組のお友だちもご家族も職員も、涙・涙.....。そして、最後に「蛍の光」の歌のなか、胸を張ってご家族の前まで歩き、感謝の気持ちをたくさん込めて一礼。担任と握手をして退場していき卒園式は終了しました。



 4月、新しいクラスにウキウキしていたみんな。一番大きいお兄さん・お姉さんになって、どこか誇らしげな姿。小さいお友だちに、「こっちおいで!」「こうするんやで」と優しく声をかけてくれていたこともありました。
 初めてお父さんやお母さん、家族のみんなと離れて過ごしたお泊り保育。ちょっぴり不安もあったけど、大好きな先生やお友だちと一緒に、笑顔いっぱいで過ごしました。
 運動会では、ダブルダッチや逆上がり、跳び箱など、うまくできずに涙したこともありました。手にいっぱいまめをつくりながら、頑張った日々。当日は、お父さん、お母さんの前でかっこいい姿を見てもらうことができ、とても嬉しそうなみんなでしたね。
 音楽会では、とても難しい歌に挑戦!歌詞を覚えるのも、最後まで歌いきるのも大変だったけれども、「もっと練習しよう!」と何度も、頑張る姿がとても素敵でした。
 おゆうぎ会では、みんなで歌作りにも挑戦しましたね。大好きな、お父さん・お母さん・先生やお友だちにあてた、感謝の気持ちを歌にして、たくさんの人に感動を与えてくれました。
 うめ組最後の行事の作品展。一つ一つ根気のいる作業を、最後まであきらめずにやりとげたみんな。苦労してできた物は、みんなの宝物になったね。「ほら見て!できたで〜!!」と嬉しそうに見せに来ていたみんなの姿が、昨日のことのように思い返されます。
 男の子17名、女の子11名の元気いっぱいだったクラス。28人が集まると最強の力が発揮されました。園での生活を通して、みんなで力を合わせることのすばらしさ、人を思いやること、最後まであきらめずに挑戦しつづけることの大切さなど、たくさんのことを学んでくれたことと思います。保育園で学んだ数々のことを、これからの小学校生活へ生かしてくれたらと願っています。

 午後からは謝恩会にお招きいただきました。おいしい料理、楽しいゲーム、園児たちの最後の歌など、みなさまのお陰で楽しくて感動的なひと時を過ごすことができました。ほんとうにありがとうございました。
 保護者の皆様には、長い間たくさんご支援・ご協力をいただきました。鷹ヶ峯会の会長をしていただいたご家族が四家庭もあり、お忙しいなか、子どもたちが保育園で楽しく過ごせるように力を注ぎ、保護者会をまとめてくださいました。いろんな園行事に対しても好意的な保護者が多く、後押しをしていただいたり支えていただきました。至らぬ点も多々あったにもかかわらず温かく見守ってくださり、そのおかげで充実した保育ができました。感謝しています。

 保育園を卒園し、もうすぐ1年生。未来へはばたいていった子どもたち。いつまでも幸せに。また保育園に遊びに来てください。




    お別れのうた   『大きくなっても』


         1.何度も喧嘩して 何度も仲直り
           何度も泣いたし 何度も笑ったね
           大きくなっても  覚えているかな
           大きくなっても  覚えていたいな

           時々叱られて   時々褒められた
           時々あくびして  時々輝いた
           大きくなっても  覚えているかな
           大きくなっても  覚えていたいな

           少しずつ明日が 今日に近づいてる
           さよならしても 君のこと
           忘れはしないから
           大きくなっても 覚えているかな
           大きくなっても 覚えていたいな

         2.たくさん遊んだり  たくさん話したね
           たくさん歌ったり  たくさん走ったね
           大きくなっても   覚えているかな
           大きくなっても   覚えていたいな
   
           君とも遊んだね  君とも話したね
           君とも歌ったね  君とも走ったね
           大きくなっても   覚えているかな
           大きくなっても   覚えていたいな


           さよなら  さよなら
           さよなら  さよなら