花より団子の ゆり組さん 桜のトンネルの両側から
あ〜 いいにおい
うめ組ご一行の行列 満開の桜をバックにハープの演奏を楽しみました
しだれ桜は満開 虫メガネでじっくり観察
4月9日、平野神社でお花見&ハープの生演奏♪

 
 桜の花のピンク色の濃淡が 真っ青な空に美しく映えています。今日はゆり(年中)組とうめ(年長)組の子どもたちが満開の桜の花が咲いている平野神社にお花見に出かけました!
 まずは、ゆり組の子どもたちから出発!!バスの中では、「大きい桜かな〜?」とワクワクしていました。平野神社に咲いている満開の桜を見ると、「すご〜い!」と目をキラキラ輝かせていました☆桜の花をじっくり観察すると、「ハートの形してる」「花びら5枚ついてる」など、たくさんの発見をしていました。桜の匂いを嗅ぐと、「桜餅のにおいする〜」と言ったり、屋台の前を通ると、「この匂いイカや!!」と花より団子の子どもたちもいました(笑)そして、満開の桜の木の前で記念写真を撮りました。帰りのバスでも「すごかったな〜」と興奮冷めやらぬ様子で保育園に着くまで、ず〜っとお話していました☆
 
 第2陣はうめ組の子どもたち☆昨日、園外保育から帰ってくると、お部屋にお手紙が届いていました!そのお手紙を今日開けてみると、届けてくれたのはなんと『桜の妖精さん』。「平野神社にあるしだれ桜をみつけてごらん。」と書かれているのを見て、「早く行こー!!」とやる気満々の子どもたちでした!!到着後、しだれ桜を目指して歩いていると、ハープ演奏家の女性(山根ひろみさん)から「ハープを触ってみませんか?」と声をかけられました。喜んでお受けすると、拝殿の上に案内してくださり、子どもたち一人ひとりにハープを弾かせていただきました。「この弦がドの音」と教えてもらうとすぐに、子どもたちが暗譜している『♪メリーさんのひつじ♪』や『♪かえるのうた♪』の曲を奏でていました。山根さんから園児に『♪きらきらぼし♪』とモーツァルトの『♪パンとマーガリン♪』、『♪七つの子♪』の演奏を聴かせて頂きました。『♪七つの子♪』の演奏に合わせて子どもたちがきれいな歌声でうたうと、桜を見に来ていた観光客もその様子をカメラに収めていました。今日弾かせていただいたのはオーケストラで使うグランドハープよりも小さいアイリッシュハープですが、音色の美しさにうっとり。音楽が好きになります。桜の花を見に行った先での、思わぬうれしい出来事でした。
 
 その後は濃いピンク色のしだれ桜を虫メガネでじっくり観察しました。「枝は細いのがいっぱいやなぁ!」「桜の花びらは8枚くらいあるで!」「根っこもめっちゃ広がってる〜!」と子どもならではの発見をたくさんしていました☆庭園を歩いていると、山根さんが「緑色の桜を見てみませんか?」と案内してくださり、初めて見るその桜に驚く子どもたちと先生でした!
 さて、桜の妖精さんはというと…。一緒に行っていた園長先生には見えたようですが、子どもたちは会えずじまい…。でも、おっきなしだれ桜を教えてもらえ、嬉しそうにしていました☆きっと、来年も子どもたちの所に来てくれることでしょう♪
 
 今日のように、季節ならではのことを体験することは本当に大切なことだと思います。そして、園外で出会うたくさんの人たちとの関わりの中でも、ぐんぐん成長していってくれることでしょう☆

 北野天満宮は梅、平野神社は桜の名所。境内には約50種類、約400本の桜があり、夜桜も全国的に有名です。明日10日は桜花祭で神輿や騎馬や時代行列が町内を巡行します。 

2009年4月  トピックス