もったいないばあさんの
登場
あら不思議
卵が浮き始めました
お米が沈んだよ☆
4月22日、コメ米日記2009 @ 〜種もみの選別〜 

 
 今年もお米作りがスタートしました!まずはみんなでセレモニーに参加☆全クラスのお友だちがホールに大集合しました。先生たちが作ったお米作りのテーマソングを大合唱♪初めて聞いた曲でも、みんなはあっという間に覚えて、元気いっぱい歌っていましたよ。そこへ、お客様がやってきました。4人のおばあさんです。「もったいない、もったいない、もったいない・・・」と言いながら登場。その名も『もったいないばあさん』です。ご飯の食べ残しはしていないかい?もったいないことはしていないかい?とお米を大切にするようにお話しをしてくれました。そして、もったいないばあさん直伝の「もったいないばあさん音頭♪」の曲に合わせて、踊りをおどりました!
 さて、お米作りの第一歩は種もみの選別 (元気でおいしいお米をつくるために良い種もみと、そうでない種もみを見極めること) です。もったいないばあさんと一緒に、種もみの選別にチャレンジしました。


  @水の入ったコップに生卵を入れます。生卵は沈みます。
  Aその水に塩を入れると、生卵が浮き出します。卵の頭が少し水面から
    出るくらいの濃さになるまで、塩を入れます。
  B生卵を取り除き、塩水に種もみを入れます。
  C塩水に沈んだ良い種もみだけ使います。



 子どもたちには、魔法のお水と粉(塩)と話をして、粉(塩)を入れる度に少しずつ浮いていく卵を見てもらいました。「あっ!ちょっとずつ上がってきた!!」と、びっくりしていましたよ。うめ(年長)組さんはさすが!去年もしているので選別の方法をバッチリ覚えていました。

 セレモニーの後は、お部屋に戻って種もみの選別をしました☆

 
 秋の収獲祭までの約半年間、鷹ヶ峯保育園のお米作りのドラマは続きます。子どもたちが毎日食べるお米(ごはん)。お米作りの体験を通して、お米の大切さを知り、ご飯を残さず綺麗に食べるようになってくれることを願っています。どんな感動のドラマが繰り広げられるのでしょうか。乞うご期待!!

    ♪もったいないばあさん音頭♪


                         作詞:真珠まりこ  作曲:中川ひろたか
 
    もったいないことしてないかい もったいないことしてないかい
    もったいない もったいない もったいないこと してないかい
    お皿の上の食べ残し 茶碗についたご飯つぶ
    わたしが食べていいのかい 
    ぱくぱくごくごく ぺろぺーろりん

2009年4月  トピックス

鷹ヶ峯保育園
♪お米作りのテーマソング♪


                         作詞・作曲:阪井恵美
 
さあ今年も今年もやってきた お米作りの季節です

おいしいご飯になるまでに 長い時間がかかるけど

ひとつぶひとつぶ大切に 愛情込めて育てましょう
今日は、愛情たっぷり
お弁当の日
4月22日、大きく育て 野菜とお花!! PartU 

 
 今日は、うめ(年長)組と、ゆり(年中)組と、ちゅうりっぷ組(2歳児)のお友だちが、またまたなにやらお花や野菜の種をまきました☆
 ちゅうりっぷ組のお友だちは小さい種をしっかり握りしめて、そ〜っとまきました。うめ組のお友だちは、ラディッシュとマリーゴールド(花)、ゆりぐみのお友だちはゴーヤとルドベキア(花)、ちゅうりっぷ組のお友だちはオクラとゴーヤ、の種をまきました★「ゴーヤの種は何色やと思う?」と聞くと、「ゴーヤは緑色やし緑の種!!」と言うお友だちが多かったですが、見てみると茶色の種で子どもたちは驚いていました。うめ組のお友だちは、マリーゴールドの長細い種を見て、「なんか変わった種やな〜」と驚いていました。「愛情たっぷり注いであげようね」と言ってまきました。
 太陽の光をたっぷり浴びて元気いっぱい大きくなあれ〜☆
ちゅうりっぷ組 ゆり組