8月7日、 コメ米日記2009 N
             〜プロペット作り〜
               


 今月に入って、タライのお米にようやく穂が出てきました。今日は、そのお米を天敵のすずめに食べられないようにと、さくら(年少)組のお友だちが、プロペット(ペットボトルで作るプロペラ型の風車)作りをしました。
 「みんなの大事なお米がすずめに食べられてしまわないように、どうしたらいいかなぁ??」 すると、「キラキラひかるDVDをぶらさげたらいい!」とのこと。昨年作った、すずめよけをよく覚えていました。
 「今年は、ペットボトルを使ってクルクルまわる風車を作るんだよ!」と話すと、「あっ、園庭にもある!」とすぐに思いついたみんな。そのイメージを元に早速作り始めました。グループで1本ずつのプロペットを作っていったので、全員で一斉にはできません。「次、○○ちゃんやで!」とお友だち同士で声をかけ合いながら、色塗りをしていました。
 今日色塗りしたペットボトルを、最後は保育士が切り込みを入れ仕上げます。みんなの大切なお米をしっかり守ってくれることを願って、来週に設置します。

 8月7日、 念願のザリガニ釣りに行ってきたよ☆
               


 7月に行く予定だったザリガニ釣りが雨でいけなくなっていたうめ(年長)組さん…。とっても残念そうにしていました。
 ですが、今日念願かなって広沢池のザリガニを釣りに行ってきました!!昨日、「明日はザリガニ釣りに行くよ〜」と伝えると、「やったぁー!!」と大歓声☆
 バスに揺られること15分。到着するとすぐにスルメをつけた竿を持って、ザリガニ釣りが始まりました♪すぐに釣れると思っていたのか、なかなか釣れないことに「釣れへ〜ん」「ほんとにいるんかな…」とつぶやいている姿がとっても可愛らしかったです☆
 そうこうしていると、「あっ!!釣れた〜!!」と、とっても嬉しそうな声がちらほら聞こえてきました☆1匹釣れると、「コツ覚えた〜!」という声も聞こえ、思わず笑ってしまう先生たちでした♪釣れだすと面白くなってきたようで、竿を池に入れ、じ〜っと待っていました。「竿が動いてるで〜!」とお友だち同士で叫び合う姿もありました。釣れていないお友だちも釣れたお友だちを見て大喜びでしたよ☆
 子どもたちなりにどうやったら釣れるのかと考え、竿を手で押さえたり、じ〜っと待っていたり、場所を変えてみたり…。
 釣れたザリガニを引き上げる時にポチャンッと池に落ちてしまった時は本当に残念そうでした。
 「めっちゃ楽しかった〜!!」「ザリガニいっぱい釣れたなぁ!」と本当に嬉しそうでした☆
 本日の釣果はちょっぴり少ない、ザリガニ11匹でしたがとってもいい思い出が出来ました☆
 竿にタコ糸とおもりをつけ、糸の先端につけた洗濯バサミにスルメをはさむという昔ながらのやり方です。いい体験が出来たと思います。どうやったらたくさん釣れるのかを子どもたちに聞いてみてください☆きっと子どもらしい答えが返ってきますよ♪           

 ひたすら待つと... やったーっ 釣れたよーっ☆★ 

2009年8月  トピックス

 プールから出た子どもたちは、玄関の「かぶとむしのおうち」に直行。ガラス越しに、エサ台のゼリーを食べているかぶとむしを見ていました。
 手の平の上で、かたつむりの赤ちゃんが三段重ね。
保育園ではいろんな生き物がおもしろい姿を見せてくれます。
どれにしようかなぁ? きれいに塗って・・