9月4日、クラス対抗戦!スイカの結果報告☆

 
 4月28日に全クラスが種まきしたスイカ。いよいよ収穫の日を迎えました。結果は以下のとおり。
 




 









 ということで、今回の勝負はちゅうりっぷ組の優勝!!さくら組はおやつで頂き、「あま〜い!」と大絶賛でしたよ。

 種からなかなか芽が出なかったり、ツルが伸びなかったり、病気にかかったり、鳥に食べられたりと、悪戦苦闘・心配の連続の4か月間でした。夜間の寒さから苗を守るためビニールでトンネルを作ったり、泥がはねて病気になるのを防ぐため藁(わら)を敷いたりと一生懸命お世話をしてきました。お店で売っているような立派なスイカはできませんでした。大きさは小さくても、みんなの愛情や想いがたっぷり詰まったスイカです。
 
 今度は秋野菜で勝負!!何の野菜を育てるかはお楽しみ!
9月4日、うんとこしょ!どっこいしょ!!
           大きなおいもがこんなに掘れたよ☆
               


 とってもいいお天気の今日、さくら(年少)組・ゆり(年中)組・うめ(年長)組が近くの畑まで、歩いておいも掘りに出発☆★子どもたちの長ーーい行列に、近所の人も「何が始まるのかな?」と、お家の前でみんなが通るのを見送ってくださいました。歌をうたったり、楽しくおしゃべりをしながら 長い道のりもみんなで行けば、あっという間☆すぐに畑に着きました。
 おいも掘りがスタートすると…去年経験しているうめ組、ゆり組の子どもたちは慣れた手つきで「うんとこしょ!どっこいしょ!!」と掛け声を出してどんどん掘り起こし、「せんせ〜!!こんな大きいのがあったよ☆」「うわーちぃさッ!!赤ちゃんサイズや☆」など、とっても楽しんでいました☆さくら組の子どもたちも、うめ組、ゆり組の真似をしながら一生懸命掘っていました。おいもが土の中から顔を出すと「あったよ!!」「うわぁ!大きい♪」と喜んでいました。また、さくら組が苦戦していると、「やってあげる!!」「ここを引っ張ったらいいよ♪」とお手伝いするうめ組・ゆり組の微笑ましい姿も見られました。なかなか掘り出せないおいもはみんなで協力。おいもを引っ張っているお友だちを引っ張って…そのまたお友だちを引っ張って…そう、その姿はまるで 『大きなかぶ』の絵本のようでした。
 カボチャのような大きな大きなおいもや、くねくね蛇のような長ーいおいもなどたくさ〜んほれました。
 
 早速、今日のおやつとして みんなで「ふかしいも」でいただきました。「甘くておいしい〜♪」とニコニコ笑顔でしたよ。
            
大きな大きなおいも、み〜つけた!   

2009年9月  トピックス

 収穫中☆ 2個もとれてニッコリ 重さは?? 
重さ  胴周り
うめ(年長) 1200g  42p
さくら(年中)   1350g  43p
 ちゅうりっぷ(2歳児) 1800g・1000g  48p・40p