大豆をミキサーで
つぶします
木綿でしぼるとなめらかな豆乳がでてきます  まだかな....
 もういいかな.... やったー☆☆  いただきま〜す 
 ハイ チーズ ありがとうございました  搾りかすはおから
しました 
バスに乗って出発〜 松ぼっくり、あったよ☆ 楽しいな☆ 
 もみじの前でハイチーズ 本日のかわいいおにぎり  おにぎり、おいしい♪ 
11月10日、 『職人さんの技』シリーズ
  『世界の料理を作ろう!』シリーズ PartY
      〜京都代表 老舗のゆば作り〜
               


 今日は職人さんの技シリーズということで、江戸時代から続く老舗『千丸屋』さんの若奥様に来ていただき、『ゆば作り』に挑戦しました!前日に洗って、ぬるま湯につけておいた大豆も柔らかくなり準備万端☆「ゆばってどんなんかなぁ〜」「どんな味がするんやろ?」とワクワクしながら待っていると、職人さんの登場です♪まずは、ゆばについてお話をしてくれました。「ゆばは大豆とお水でできているんだよ。お豆腐と同じもので出来ているよ。」と教えていただき、「へぇ〜!」と目を丸くしていました。その後も、小さな大豆からゆばや色んなものができること、たくさんの人が大きくなってほしい・健康になってほしいという思いをもちながら作っていること、京都はすごいんやということを大人になるまで覚えていてほしいことなどたくさんの素敵なお話をして下さいました☆
 さぁ、いよいよゆば作りの始まりです!まずは、大豆とお水をミキサーに入れて豆乳を作りました。スイッチを押すとみるみるうちに色が変わっていき、「わぁ牛乳みたい!」「でも色が違うな〜」と歓声を上げていました。それからその豆乳を木綿の布を使ってこしていきまいした。ミキサーにかけてすぐはどろどろ〜っという感じ(「のた」というそうです)だったのですが、こすとサラサラの豆乳ができました。そして布の中には、おからの出来上がりです☆「あっ!これ知ってる!おからや〜!」と嬉しそうにしていました!「これは後からお料理をしてお給食の時にいただくからね☆」というと、もっと嬉しそうでしたよ(笑)ふわっとしたおからが出来上がったので、みんなも味見をさせてもらったり、触ったりしました☆恐る恐る口に入れているお友だちもいましたが、食べると「おいし〜!」とにっこり笑顔でした☆
 お待ちかねのくみ上げゆばタイムがやってきました♪ちいさな土鍋に豆乳を入れ、しばらく待つと薄く膜が張ってきました☆「もういい?もういい?」と早く引き上げたくて仕方ない様子…。Goサインと出すとキラキラと目を輝かせながらお箸を土鍋の中に入れていました☆職人技なのでなかなか簡単にはできません。ですが、何度か挑戦するうちにコツをつかんできたようで、びろ〜んと伸びるゆばが出来た時には、「きゃーすごーい!出来たよ〜!」と大興奮でした!さてさてそのお味は…もちろん格別です!ほっぺたが落ちそうなくらいの笑顔で「おいし〜お豆腐の味がするなぁ」などと言いながら、何度も何度もゆばをくみ上げていました☆これとは別に特別にお店から持ってきて頂いた、生のゆばを頂きました☆こちらも格別ですっかりゆばの虜になっていました!「おうちでもできるかなぁ??」「やりたいなぁ〜」と言っているお友だちが多かったですよ☆
 最後にはおいしいゆば作りを教えに来て下さったお礼に、「BELIEVE」のお歌ををプレゼントして、お給食も一緒に頂きました☆その中で子どもたちも色んなお話をしていて、とっても楽しそうでした。クッキング保育があるからこそ、こういった人と人との出会いがあるんだなと心が温かくなりました。
 昔から「同じ釜の飯を食う」という言葉がありますが、今日はこの言葉を感じられる日になったと思います。食べ物を通して、人と人とのかかわりが深まっていくということを大切に出来るうめ組さんになってくれたらなと思います☆
 

 『千丸屋』さんは、創業が文化元年(1804年)という京湯葉の老舗です。全国の有名百貨店にも出店されているほどの信用とおいしさ。こだわりの大豆とお水で作る湯葉の味は最高です。湯葉がこんなにおいしいものだと知っておられる方は少ないのでは....生湯葉をわさび醤油でいただくと最高です。200年余りも続く伝統の味を皆様もぜひご賞味ください。
 詳しくは、『千丸屋』さんのホームページをご覧ください。
 

ミキサーON!! どんな味がするんだろう?
 あぁ〜おいしい☆ 栄養満点ゼリー 
11月10日、バスに乗って京都御苑へレッツゴー
             

 お天気を心配していましたが、朝起きてみると、おひさまがニッコリ。大好きなバスに乗ってちゅうりっぷ(2歳児)組が京都御苑に行きました。砂利道をしばらく歩いて行くと、「あ!松ぼっくりあった!」と芝生の上に転がっている松ぼっくりまで一目散・・・大興奮の子どもたちでした。ビニール袋を渡してあげると、あっという間に袋の中は松ぼっくりでいっぱいに。「先生もこんなに大きいの見つけたよ」と見せてあげると、子どもたちも「こっちの方が大きいよ」と、一緒に見せあいっこも楽しみました。
 松ぼっくり拾いを堪能した後は、広い敷地内をお散歩しました。色づき始めたもみじの木、いちょうの木を見て、秋を感じながら歩くことが出来ました。たくさん歩いてお腹も減ってきたところで、楽しみにしていたおにぎりタイム!!お外で食べるおにぎりは、おいしさも倍増。「お母さんが作ってくれた!」「おいしそうやで、先生見て!」と食べる前から嬉しそうにお話をしている子どもたち。そして、「おいしかった!」と、あっという間に食べ終わっていました。
 帰りのバスの中では、消防署の前を通って消防車を見たり、楽しく過ごすことができました。
 さくら(年少)組のお友だちが、芝生広場で絵画を描きました。先生の乗る、大きなバイクに大興奮!!乗ったり、触ったり、じっくり観察した後に、思い思いに描いていましたよ。 

2009年11月
トピックス

11月10日、栄養満点!!
        ほうれん草とにんじんゼリー
             〜お味はいかが?!〜
             
               

 たんぽぽ(0、1歳児)組のお友だちが畑で育てた、にんじんとほうれん草を使ってCookingに挑戦しました…といってもまだまだ小さな子どもたち。今回は先生がするのを応援してくれました。
 まずは昨日畑に収獲しに行ったにんじんを先生がおろし器で小さくすりおろしました。すると、自分たちもやっているかのように「スリスリスリ〜」と手を動かしていたり、「がんばれ!がんばれ!」と応援してくれるお友だち、小さくなっていくにんじんを不思議そうに見ているお友だちもいましたよ。すったにんじんとりんごジュース、ほうれん草、そして最後に隠し味のパイナップルを入れて、ミキサーのスイッチをON!!すると…ゴーー!!という音に、さっきまでミキサーの近くにいたお友だちはびっくりして自分の椅子へと早々と座りにいきました(笑)
 そして出来た上がった栄養満点のジュース!!「ちょうだいー☆」と早速飲めると思っていたお友だちもいましたが、今日はもう一工夫。給食室で寒天と混ぜ合わせて、ゼリーにしてもらいました。
 お昼寝が終わり、おやつの時間。「さっき作ったジュースがゼリーに変身!!食べる人?」と聞くと、「食べる〜」と大喜びの子どもたち。ジュースがゼリーになっていて不思議そうに眺めていましたが、食べてみて「おいちぃー☆(おいしー)」「おかわり!」と大満足のたんぽぽ組さんでしたよ!!
 簡単に出来て、栄養もたっぷり入っているゼリー、お家でも作ってみてくださいね!!