皮をむいていくよ 吊るす準備中☆ 
みんなで背伸び! 
届くかなー???
 あま〜くなぁれ!
11月27日、あま〜い玉ねぎになぁれ♪
               


 昨日は、紅葉を見に行き、秋を満喫したゆり(年中)組のお友だちでしたが、今日は、畑に玉ねぎの苗を植えに行きました♪「これなんだと思う?」と、玉ねぎの苗を見せると「これネギや!」と自信満々に答えていました(笑)それもそのはず、玉ねぎの苗はネギにそっくりなんです!!「これが玉ねぎになるんだよ」と言うと、「え〜!!だって匂いもネギやで」と言っていました。
 畑で「優しく持ってね」と言うと、そ〜っと持って丁寧に植えていたゆり組のお友だち。「誰が一番甘くて大きな玉ねぎになるか競争しよう」と言うと、「絶対ぼくが一番やで」「毎日見に来る〜」と、もう愛着がわいているようでした☆
 おいしい玉ねぎになる頃には、かっこ良いうめ組になっていると思います。これからみんなで育ててくので乞うご期待♪

2009年11月
トピックス

ネギに見えるけど
これが玉ねぎの苗!
あま〜くなってね☆
11月27日、あま〜い干し柿になぁれ!
               


 昨日、クラスの子どもたちの前で、先生が渋柿の皮をむきました。たんぽぽ(0、1歳児)組のお友だちに渋柿を見せると、「みかん?」「にんじん?」と聞くお友だちもいましたよ(笑)皮をプツプツ切ることなく、ながーくつなげてむいている先生の姿に、みんなは「すごーい!!」と釘付けでした☆
 そして!今日はむいた柿をワラで編んだ縄に一つひとつ付け、さくら組のテラスの軒下に吊るしました。珍しい光景に、子どもたちも興味津々の表情で見上げていました。見た目は甘くておいしそうな柿。でも、実は渋柿です。天日と風にあてると、3週間から1ヵ月で甘〜い干し柿ができますのでお楽しみに☆


 渋柿は、柿の中にあるタンニンが水に溶けて渋く感じます。干し柿にして乾燥させることにより水分がなくなるので甘くなります。柿が渋ければ渋いほどタンニンが多いので干し柿にすると甘くなります。干し柿に付く白い粉は、果糖が水分と共に柿の表面に出てきて結晶になったものです。
 昨日うめ(年長)組のお友だちが、以前から作っている味噌の中の大豆をすり鉢ですりました。今日、そのお味噌をお味噌汁にしました。収穫祭の時よりもさらにおいしいお味噌汁になりましたよ☆