12月10日、しいたけ栽培に挑戦!!
               


 保育園では、畑で野菜や果物作り、田んぼでお米作りと、自分たちで作ることや育てることを大切に、いろんな取り組みを行っています。今回は、きのこ栽培に挑戦してみようと、さくら(年少)組のお友だちが、“しいたけ栽培”を始めることにしました。
 先生が持ってきたのは、大きなクヌギの木。そして、かなづちにドリル。「何するの〜?」と不思議そうに見ていた子どもたちでしたが、初めてみるドリルに興味津々。スイッチを入れるとウィ〜ンという大きな音に、驚いて逃げていたお友だちもいましたよ。
 そのドリルを使って、クヌギの木に穴を開けていきました。あっという間に穴が開くのがおもしろくて、「僕も!私も!」とみんなが挑戦していきました。そして、開いた穴に、しいたけの菌を、かなづちで打ちこんでいきました。「かなづちはここ持つのやで!」「木を持っといてあげるわ」と声をかけ合いながら、協力して取り組む姿は、とても素敵でしたよ。
 
 しいたけが出来るまでに、1〜2年の月日がかかります。初めての挑戦なので、うまくいくかどうかが心配なのですが、様々な経験を通して、いろんなことに興味や関心を持ってくれたらと思っています。

2009年12月
トピックス

ドリルで穴あけ! かなづちトントン
 保育園前の畑の看板と柵(ガーデンフェンス)が
新しくなりました