12月14日、讃州寺にお参りにいったよ☆
               


 今日はゆり(年中)組とうめ(年長)組のお友だちが讃州寺にお参りに行きました。出発する頃には日がさして暖かくなり 絶好のお散歩日和♪自然とお喋りにも花が咲いていました。
 今日はガタガタ道を通っていくと、途中でタケノコのような面白い木の根っこを見つけたり、野イチゴを見つけて摘んだりと色々な発見がありました。野イチゴのツルを一人一本持つと「サンタさんからのプレゼントや!!」「玄関(保育園)にサンタさんのプレゼントの袋あったし、何かあると思ってた!」などと嬉しそうに話していました。
 讃州寺に到着するとみんなでお掃除。今日はうめ組の子どもがリーダーとなって各グループに分かれてお掃除しました。「ほうきはこう持つんやで」「ここも掃除するよ」などとゆり組のお友だちに優しく教える姿や、一人がお外のお地蔵さまに手を合わせると、周りの子どももお参りする微笑ましい姿も見かけました。お掃除が終わりすっかり綺麗になったところで、お堂の中のお参りをしました。
 お地蔵さまのお歌をみんなでうたい、病気でお休みしているお友だちが早く良くなるようにお願いしました。

 今日摘んだ野イチゴはおやつで頂き「甘すっぱーい」「きれいな色。光っている〜」などと味わっていました。

2009年12月
トピックス

初めて見る種☆ こうやってするんだ〜♪ みんなも挑戦!! 
12月14日、なめこ栽培に挑戦!!
               


 先日のさくら(年少)組に続き、きのこ栽培シリーズ第2弾!!ということでちゅうりっぷ組(2歳児)のお友だちで『なめこ』を育てることにしました♪ 
 今まで育てたことのない、きのこを育てるということで子どもたちは大喜び。さっそく植えようとなめこの種を持って外に出ていくと、みんなの前には大きな木が…。前もって「なめこは畑の土じゃなくて木に植えるんだよ☆」と言っていたので子どもたちはすぐにその大きな木の周りに集まっていましたよ。 よく見てみるとこの木にはたくさんの小さな穴があけてあるんですが、子どもたちは「なんの穴〜?」と不思議そうに見ていました。そこで先生が取り出したのは、なめこの種とかなづち!!初めて見る種にみんなは釘付け。先生が接種の仕方を見せると子どもたちは興味津々。「やりた〜い!!」という子どもたちのリクエストにお答えして、みんなも挑戦しました。かなづちをしっかりと持ちトントントン…。と種を打ちこんでいまいしたよ。種がどんどん木の中に入っていく様子を真剣に見つめているちゅうりっぷさんでした。
 おいしいなめこが育つのは、早くて来年の秋。本格的な収穫は二年後・三年後の秋。みんなが保育園にいる間は、秋にはなめこ三昧になる予定。早く・たくさん収穫できるようにみんなで見守っていきたいと思います☆
みんなでお掃除♪ 野イチゴを採ったよ☆  お参りしました