2月2日、「おにはそと、ふくはうち!」


 2月3日は節分ですが。保育園では明日がおゆうぎ会のリハーサルということで、今日豆まきをしました。一人ひとりが手作りした鬼のお面を付けて、ホールに集合。
 まずは先生から「節分って何をする日?」と聞かれると、「豆まきする日!」と、すぐに答えていました。「そうだね。じゃあ、どうして節分って言うか知ってる?」その質問は難しかったようで、首をかしげていました。「昔は、一年の中の春・夏・秋・冬の季節が変わる日全部が節分でした。その中でも春の始まりが一番大切に思われていたから、暦では春になる今の時期が節分として残ったんだよ。」と、節分の由来についてのお話しを聞きました。
 では、なぜ節分に豆まきをするようになったのでしょう??そのお話を、影絵で見ました。影に映った鬼の姿に、ちょっぴり恐がっていたお友だちもいましたが、みんな真剣な眼差しで、影絵を見ていました。
 その後『豆まき♪』のおうたを歌って楽しい時間を過ごしていたかと思うと・・・!!突然、大きな音がして鬼が登場!「ウォォォ!」と大きな叫び声をあげ、ひと暴れした鬼が、どこかへ行ってしまいました。みんなは、とても驚いた様子。恐くて泣きだすお友だちや、先生の手をぎゅっと握って怯えた表情のお友だちもいました。。でも、勇気を出して鬼をやっつけに行くことにしました。
 さくら(年少)組、ゆり(年中)組、うめ(年長)組のお友だちは、園庭に出て先生からもらった豆を持って鬼探し!「どこだろう?あっ!いたーっ!」見つかった鬼は、みんなを襲いだしました。「ウォォォー!悪い子はどこだ!食べちゃうぞー!」園庭中を暴れ回る鬼に対し、「おにはそと!ふくはうち!」元気な声で鬼に立ち向かうみんな。たくさんの豆を投げ付けられて、やがて鬼は退散していきました。
 最後に、「みんな、元気よく豆まきできたね。みんなの心の中にも鬼はいるんだよ。心の中に住んでいる鬼も一緒にやっつけられたかな、やっつけられた人?」「はーい!」スッキリした表情で手を挙げるみんなでした☆
 たんぽぽ組(0、1歳児)と、ちゅうりっぷ組(2歳児)のお友だちは、お部屋で豆まきをしました。鬼に変装した先生鬼に、「おにはーそとっ!えいっ☆」こちらも、勇気を振り絞って豆まきを楽しみました。
 豆まきの後は、数え年の個数分のお豆をいただき、お給食では巻き寿司とイワシをいただきました。「わあ、すごい!おいしいなぁ〜。」口いっぱいにほおばって食べていたみんなでした。
 

2010年2月
トピックス

たんぽぽ組 ちゅうりっぷ組  さくら組
 園児が作った
 鬼のお面
ゆり組  うめ組
色とりどりの鬼さんたち 先生による影絵   鬼が登場!
恐いよ〜  節分メニュー  ほおばって食べました