2月25日、可愛いおひな様♪ 〜幼児編〜


 おひな様制作 第2弾!!今日は幼児組のお友だちが作ったおひな様を紹介します。

                   さくら(年少)組

  風船に紙を貼りつけて立体的なおひな様を作りました。お着物は千代紙を巻き付け、お顔はペンで描きました。屏風は初めてのジャバラ折り挑戦しました。「裏、表、裏…」と苦戦しながら折っていきました。さぁ!素敵なおひな様が完成です。


                   ゆり(年中)組

 細く切った千代紙を輪つなぎのように丸く貼りつけ、おひな様を作りました。ひな壇には紙皿を使用し、赤・黄・青の折り紙を順番に貼りつけ、お花を飾っておひな様をのせたら可愛いおひな様の完成です!!。


                   うめ(年長)組

 おひな様の壁飾りを作りました。さすがに年長組さん!おひな様とお内裏様だけではなく、五人囃子や三人官女、ひし餅まで色画用紙で作っていました。紙皿につけた発泡スチロールにそれらのパーツをさして、お花を付けたら出来上がり♪大人顔負けのすばらしい作品でした。


 おひな祭りは、人形を自分の身代りに災いを移して川に流す『流し雛』と平安時代の女の子のお人形遊び『ひいなあそび』が結びついたのが成り立ちで、女の子の幸せを願う行事ですが、保育園では男の子も女の子もひな祭り制作を楽しみました。

              素敵な桃の節句をお楽しみください。
さくら組   ゆり組
 うめ組 制作風景

2010年2月
トピックス