5月27日お泊り保育1日目 
        〜琵琶湖博物館
&水生植物公園編〜


 うめ(年長)組のビックイベント!!お泊り保育の日がやってきました☆今週は残念ながら雨模様が続いており、どうなることかと不安の毎日・・・。迎えた当日、朝から雨があがっていたので比叡山に行けるかと思いきや、出発前にパラパラと小雨が…。楽しみにしていた比叡山登山は涙をのんで諦めることとなりましたが、気分新たに琵琶湖博物館へ出発です!
 さてバスに乗ると、4月からやりとりを楽しんできた山賊からの手紙が置いてありました!「比叡山は残念だったが、琵琶湖博物館に宝を置いておいた」とのこと。宝を取りに行くことができないと、諦めていたお友だちも、「やった〜☆」と、期待に胸を膨らませていました。長いバスの中では、お歌をうたったり、ゲームをしたりと、楽しんでいる間にあっという間に到着しました。
 さて、琵琶湖博物館には、またもや山賊からのお手紙が・・。「クイズに全員正解したら、素敵なことがまっている」と書いてある手紙の傍には、1人1枚ずつ用意された「かいぞくテスト」の冊子があったのです!中には「@びわこにすむ、おおきななまずのなまえは?答:びわこおおなまず」などといった、博物館に展示されている、様々なクイズが書いてありました。「今日は、頭を使ってかしこいかいぞくになろう!」と、みんなはやる気満々!!早速中に入り、各展示室や水族館コーナーを見て回りました。
 答えがわかると、「先生ここに書いてあったよ!!」と大興奮。もちろん「かいぞくテスト」の冊子には、自分たちで答えを書きこんでいるので、お泊り保育が終わったらぜひ見てあげてくださいね。
 そうこうしている内にあっという間に時間が過ぎて、おにぎりタイムがやってきました♪足も頭も沢山使ってちょっぴり疲れた子どもたち。おにぎりを食べて再び元気もりもり☆次のコーナーへ出発しようかと思ったその時、なんと再び山賊からお手紙が!そこには、「よくがんばったみんなへ、約束どおりお宝のプレゼントだ」と書かれた手紙と共に、小さな箱が置かれていました。「これがお宝や!!」とまたまた大興奮のみんな。箱の中をあけると、何とが入っていたのです!!「この鍵は、宝箱の鍵。宝箱はみんなのお部屋に届けておいたので、何が入っているかは帰ってからのお楽しみ」とお手紙に書かれており、「やった〜!!」と、子どもたちの期待は更に高まっていったようです。
 琵琶湖博物館では、「琵琶湖のおいたち」「人と琵琶湖の歴史」「湖の環境と人びとのくらし」「淡水の生き物たち」などの展示室で様々な物を見たり、触ったり、体験したり、「ディスカバリールーム」で遊んだりしました。
 その後草津市立水生植物公園みずの森に行きました。温室の中には、蓮(はす)や熱帯植物を始めとする様々な植物があり、「きれいやな〜」と思わず鼻を近づけていました。そして、園内を散策したり、芝生広場で鬼ごっこをしたりと、ここでも満喫していたうめ組さんでした。

 様々なクイズにチャレンジし、お宝の鍵をゲットしたみんな。保育園に戻ると、一目散にお部屋へダッシュ!!「あった!!」「めっちゃでっかい宝箱や!」と大興奮。中を開けると、たくさんの小さな宝箱とお手紙が入っていました。「この宝箱に、ピカピカ輝る泥だんごを入れて大切にするといい」という山賊からのメッセージ。それを見て大喜びのみんな。「まだ、ちょっぴり寂しい木の箱なので、明日、宝箱の飾りつけをみんなでしようね!」と話すと「早くしたいなぁ」と、とても楽しみにしているうめ組さんでした。

2日目 宝箱作り & ゲーム大会編へ

ページのトップへ

2011年5月
トピックス

夜のお楽しみ編へ