12月27日、新年にむけて、大掃除☆
 

 大半のお友だちは、明日から冬休みを迎えます。そこで、4月から使ったお部屋に感謝の気持ちをこめ、さくら(年少)組、ゆり(年中)組、うめ(年長組)の子どもたちが大掃除をしました。窓や引き出しの中を雑巾で拭いてピカピカにしてくれたみんな。これで、新年を気持ち良く迎えられそうです♪
12月27日、ぺったんぺったん、おもちつき!
 

 「♪もういくつ寝ると〜お正月〜♪」早いもので、今年も残すところ、あと4日となりました。今日は、楽しみにしていた12月の行事の一つ、『おもちつき』をしました。もちは、「望」に通じ、物事が満ち足りたことを表します。お正月、神仏におもちを供えて、家族みんなが満足に、不幸なことなく、希望が叶えられるようにと願うのが習わしでした。大切な日本の伝統行事を、子どもたちにも知ってもらい、みんなで楽しむ1日となりました。
 まずは、オープニングセレモニー。杵をどうやって使うのか迷っていた先生に、おもちつきの方法を教えに来てくれたのは、トラくん。杵の使い方や、おもちのつき方を教えてもらった後は、トラくんが力強いおもちつきを披露してくれました。「よいしょ〜!よいしょ〜!」という元気いっぱいの掛け声とともに、ほかほかのお餅がつき上がり、「やった〜」と大歓声があがりました。

 園庭では三つのかまどがフル回転。お湯を沸かしたり、もち米を蒸籠(せいろ)で蒸したり・・・。そして、もう1つのかまどで、畑でとれた大根、人参、白菜、ごぼう、そして豚肉とお揚げとねぎを入れて、豚汁を作りました。豚汁作りに参加したのは、うめ(年長)組のお友だち。手慣れた手つきで野菜を切った後、大きなお鍋に大きな木べらを使って炒め、お湯を注いで煮込んでいきました。

 さて、トラくんのおもちつきの後は、各クラス順番におもちつきを見学したり、体験をしました。たんぽぽ組(0・1歳児)、ちゅうりっぷ組(2歳児)、さくら(年少)組のお友だちは、担任の先生が一生懸命ついている姿に「よいしょ〜っ!」と、掛け声をかけ、もち米から、おもちになる過程を間近で見学しました。お部屋に戻ってからは、先生が、くるくると丸めるおもちを、みたらし&きなこやあんこをつけていただきました。
 そして、ゆり(年中)組とうめ(年長)組のお友だちは、杵を持っておもちつきに挑戦☆「重たいなぁ〜」とつぶやきながらも、お友だちと協力しながら、「よいしょっ!」という元気な掛け声とともに、おもちをついていました。その後は、自分たちでおもちを丸めていきます。1人分の大きさに切ってもらったおもちを、ひと口サイズに切っては丸めていくみんな。「私は5個!」「僕のは10個もあるで!」と嬉しそうに見せ合っていましたよ。
 みたらし&きなこやあんこの他にも、さくらえびや粟(あわ)もちもいただき大満足のみんな。できたての「具だくさん豚汁」と共に、お給食でいただきました。

 これで終わりとおもいきや、おやつの時間はなんと、つきたておもち入りのおぜんざいもいただき、大満足のみんな。「めっちゃ、おいしい〜」と嬉しそうでしたよ。

 夕方にはお迎えに来られた保護者の方にもぜんざいを振る舞いました。「あったまりますね」「とってもおいしいです」と、笑顔が溢れていました。

 
ページのトップへ

2011年12月
トピックス

  寒い日が続いています。前日に水をはってお花を浮かべたバケツを外に置いておくと、こんな素敵な氷が出来ました。
 あれ?氷の向こう側にいるのはだ〜れ??